" 俺に言いたいこと…聞かせて、全部。" ツンデレな『恋歌ロイド』Type4「階」の感想と考察。

ようやく階くんです。
今回もかなり長くなってしまいましたし、安定のさらっとネタバレ祭りです。気になった見出しの所だけでも目を通して頂けると大変嬉しいです。
それでは感想と考察はじめます!

Type4.階 -カイ-


高い学習能力&状況解析能力を搭載したモデル。必要最小限のやり取りでユーザーのケアを適切に行える設定がしてあるので、ロイドからの干渉を好まない方にお薦め。ボーカルタイプと呼ばれる限定機能付き。

階くんの見た目と服装が一番好きです。
奏多もだけど、階くんもなかなかに人間の生活環境に溶け込める見た目してる。
ショート丈のジャケットか・・・ふむ、ウェーブタイプの着こなしだなっていう、どうでもいい感想。←

理想のツンデレキャラ


私の中でツンデレキャラ代表はCCさくら小狼くんなんですが、この階くんは一回聴いただけで同レベルまで君臨いたしました。おめでとうございます。
あいつ、あんた、マスター呼びしてくれるけど、あんた呼びが好きなのでテンション上がりました。 ツンがきつくないツンなのもいいですし、デレが可愛い。バランスがいいなと思いました。
猫のキーホルダーの奪い合いのシーンツンデレしまくりで楽しかったな。ほんで、猫にさえどんどんデレていくという可愛さ。
飲み物聞いたときの「お前じゃないよ」の優しさプライスレス。そして10日後にはマスターがいる時にでも猫に話しかけるという仲良しっぷり。猫になりたいと何度思ったことか・・・。

「こんな恋愛したかった」があらかた詰まってる

この階くんはどのロイドよりも一番、マスターと色んなやりとりしてたなぁと思います。トラック数も多いですし。
朝一緒に走るあたりでもう十分だなぁって感じだったのに、さらに夕日は眺めるし、髪ふいてくれるし、アルバム見たりなどなど・・・色んな階くんの表情や行動が見れて大変満足。お腹いっぱいになりました。
でも、そんな充実してるのに、階くんもしかすると3ヶ月契約の謡さんより下手したら滞在期間短かったんじゃないか?と思いました。
1ヶ月半で初のエラーサイン、その後そんなに長い事居られたのかな?と・・・わかんないですけど、それならもっと切なくて辛いなと思いました。

あと、今回の階くんのお話は、個人的に一番小説っぽいなぁと思った。語り口調も多かったと思う。マスター目線はもちろんだけど第三者目線でも楽しめて、さらに猫目線でも楽しめるという、3度おいしい、すごいCDでした。

「歌は俺にとって大切なものだから」という意味


ごめんなさい、わかりません。(なぜ見出しにした)
この台詞を言っていた時点では、『想いの全てを込めた歌を1度だけ歌える』ことは階くんは知らなかったわけですし。でも彼けっこう本気モードで呟いてたからな、意味は絶対あると思うんだけど、うーん。

わからんなりに考えたのは、あの歌の歌詞がかなり素直な歌詞だったので、自分は普段は無愛想だけど、歌なら自分の気持ちを隠さずそのまま表に出せる方法だからではないかと。
あとは、ボーカルタイプというのも、他のロイドには無い機能だから(カスタマイズでも付けられないはず。)自分の個性と言うか、自分じゃないと得られない特別な機能だから大切とか・・・?
うむ、わからんわやっぱり。笑

歌い方にも意味があったのではないかと思う。ソファに座ってるマスターの前に立って歌ってたけど、さっきまでマスターの横に座ってたのに、わざわざ立って歌うとは律儀だな…と思ったんです。
立って歌うのが一番聴こえやすいからじゃないかな。これも歌を大事にしているからなのかもしれない。



マスターの特徴


20代前半?とはじめは思いました。
階くん起動した時のキョドり具合とか、キーホルダーの奪い合いとか、階くんと対等にやりあってるので同い年くらいかなぁ・・・と。(階くんの年数わかりませんが、全ロイド見た感じ20代前半に見えるなぁと思って。)
何かムっとするとすぐたたくところも若さを感じるし、最後立てこもるのも少し幼い気がしましたし・・・

でも、何度か聴くうちに彼女は30代半ばでもおかしくないなと思い始めました。
まず、猫と暮らしてる上にロイドまでレンタル出来るところ。
お金もってるな・・・経験を積んでいるキャリアウーマンっぽい。
階くんが自分のカスタマイズを勧めた時に「カスタマイズしたいのは私のほう」なんて言葉が出てくるのもアラサーの方がしっくりくるなぁと思う。
あと、落ち着きがあるところ。
何というか、大人の余裕?を感じる。
一緒に夕日眺めるシーンで「あのとき何て言ったか忘れた」とか年下をからかうようなやり取りあったし、何よりあのキスシーンですよ。
階くんがこっち向いた時にキスとか・・・!そして抱き付くとは。手慣れてやがる!(言い方)
こういうの経験がある程度ないと出来ないんじゃないかと思うし、相手(階くん)が自分に好意を持ってるって分かってないと出来ない気がする。
マスターは階くんの気持ちに気付けるくらい大人なんじゃないかと。階くんが分かりやすいのもあるから一概には言えないけれど。

夕日を眺めるのが好きなところや、夕日に見惚れてる場面でも落ち着きを感じるけど、これはどっちかと言うとマイペースなんだなって感じがする。

低血圧そうだし、アラサー過ぎるとほんと体重増えやすいし、転びやすくなるんだよね。(ぃゃ、人による)

立てこもるシーンで「泣かせてるのお前だろ!」って感じのドア蹴りも年を感じる。いや、階くんのおかげで感情豊かになったおかげなんだけど、夫にすぐ手でるの私も同じだから何だか親近感湧いちゃってしょうがなくて。笑※DVじゃないですよ!

これは一番言いたい事なんだけども、今回のマスターは個人的にむっちゃ可愛い。
階くんに手をひかれて坂上がる時、慌ててたの可愛いし、

さっきも書いたけど、照れるとたたくのも可愛い。
体重増えたの気にするところも、好きなロイドのために痩せようとするところも、なかなか起きないところも、その後階くんに騙されて飛び起きるところも、もう、もう全部可愛い。
30代がこんな行動してるというのが、かなりポイント高い。
その中でも一番可愛いのが「手をつないで帰りたい」ってお願いしちゃうところ!
マスター憎いほどかわいい!いや、そうくると思ったよ・・・!あなたならそう言うと分かってたよ!・・・て、ん?ちょい待ち。という事は、私もかわいいんjy(黙ろう)

マスターはどこで彼の事を好きになったのかは、たぶん、階くんがおまけに笑ってあげた時じゃないかと。
笑い続けるマスターに「ま、いっか」と優しい顔で話してくれた時じゃないかと。
この時の階くん、ほっぺに手あててしゃべってると思うんですよね・・・ペチって音したから肩とか頭じゃなくて絶対皮膚だと思うんです、音も近かったし。ぃゃ、こんなんされながら優しい言葉もらったらそりゃ惚れてまうやろーー!ですよ。
この時は階くんマスターに特別な感情まだないから無自覚なわけでしょ?無自覚でこんな事できるなんて恐ろしい子・・・!←

効果音が今回もいい仕事している


マスターが机拭く音まで入ってるのには驚きました。細かい、相変わらず細かい、好き。←



あと、何といっても足音がとっても自然。特に2人で走っている時の足音が、ちゃんと違いがあってすばらしい。絵の話だからちょっと違うかもだけど、あのジブリ宮崎駿監督は、歩くシーンや走るシーンを一番力を入れて丁寧に描くと言っていたのを思い出しました。何気ない動作が一番大切なんだそう。

傘を急いで届けようとしてドア勢いよく開けるシーンも良かった。
こっちまで階くんの焦りや安堵が伝わるし、マスターの驚いた顔も浮かぶ
KENNさんの演技力もあるんだけど、ドアの音の大きさがちょうど良かったおかげだと思うんですよね。
というかこのシーン、あんな急いで傘届けようとしてくれちゃって、しかも体ふいてまでくれたらトドメささるわな・・・と思いました。
そりゃマスターあたふたして慌てて立っちゃうわな。そんで、ギュッと抱きついちゃうわな。
雨音が聞こえる部屋で二人っきりなわけでしょ?好きな人と。そりゃそういう流れにもなりますわ。羨ましいことこの上なし。
ちなみにこの時の階くん、マスター抱き返そうとしてた(ぃゃ、抱き返してた)と思うんだがどうなんだろう。服の効果音はあったんだよ。そうだといいな。(もはや願望)

描写がマイナーだけど美しい


夕日の描写が綺麗すぎる
まず1回目。買い物帰りに夕日を眺めるシーン。
マスターが見惚れるほどの夕日きっと綺麗なんだろうなと思える。そして沈みかけの夕日を背に手を繋いで帰るとか、ほんとドラマみたいだ。
あとこれは効果音の話にもなるけど、買い物袋の音の入れ方が細かい!なんですかあれは。 どっちの手に渡ったのかちゃんと分かるし、走ってる時歩いてる時のガサゴソ音がちゃんと違う。距離も感じ取れる。どこまでリアリティ追求すんねん・・・とツッコミを入れざるを得ない。

さらにちょっと話ずれますが、階くんが「甘やかせるようになるから」と話し出す時のバックのピアノ音楽が私は大好きです。このトラックずっとニヤニヤしてたと思う。

階くんの「本当にそれ…?」と、手を繋いで帰りたいというマスターの台詞を自然な流れで言わせるシナリオも憎いほど素晴らしい。

そして2回目。家のベランダで夕日を眺めるシーン。
電車の音に、カナカナの音まで入ってるから、季節はおそらく夏の終わり。どこかの家の夕飯の匂いがしている・・・
情景がほんとに目に浮かびます。なんですかあれは。(2回目)
夕日を眺めるシーンは他のドラマCDでもあるけど、ここに重点を置いている作品は私は出逢ったことがないし、けっこうマイナーなところ来るなと思った。
日常のほんの一コマ、一瞬の出来事だし見逃してしまいそうな夕日を作中に2回もいれるとは・・・「ロイドとの時間の貴重さを表しているのでは?」というのは考えすぎだと思うけど、私はこの夕日のシーンすごく好きです。マイナー万歳です。
マスターが言うように、誰かと一緒にみる夕日とか絶対綺麗だと思う、好きな人とならなおさら。

夜のベランダと階くんの笑顔が微笑ましい

キーホルダーをベランダで付けて微笑んでるシーンです。
こっちまで優しい笑顔になります。さっきのツンデレ炸裂なマスターとの楽しいやりとりの後だから余計にかもしれない。
暗いベランダで足元にいる猫に「いいだろ」とか言っちゃって、誇らしげに笑っちゃって。「知らない自分になってく」とか、きっと街の光を見ながら思ってるんだろうなぁ。想像がとまらない。
自然の風景だからか、とても美しさを感じてしまいます。

KENNさんの演技力


「KENNさんはツンデレオブザイヤーを永遠にあげたい。」そう思いました。なんだろうな、可愛いだけじゃない演技が上手い・・・!基本可愛いんだけど、意思が強いと言えばいいのか何というか・・・賞賛の言葉が見つからないのが悔しい。
マスターがこけておんぶされるあのトラック大好きなんですが、ツンデレキャラの介抱シーンはギャップの攻撃力が強すぎてあかんですね。おんぶて・・・!!おんぶはあすなろ抱きレベルでやばい。
で、このおんぶがまた・・・KENNさんの演技と、例のごとく音の入れ方が絶妙なせいもあってたまらんかったです。
階くんがしゃがんでおんぶのポーズとりながら振り返って台詞言う所のリアルさと素敵さよ・・・!
そんで、あの叩かれる演技の自然さよ・・・!適度ないちゃいちゃが、こっちまで照れるし微笑ましいな、ちくしょうっ!笑

ポットと花瓶間違えてた所のぎこちない演技もよかったなぁ。だってほらKENNさん可愛いから!(みんな知ってる)
うんうん、意識しちゃうとそうなっちゃうのよねぇ、わかるわぁ!と、おばさん丸出しで聴いていた私です。

『For yourself』という曲について


恋歌ロイドType4:階-カイ-(CV.KENNさん) キャラクターソング 『For yourself』-digital ver.- PV #恋歌ロイド
タイトルは、自ら、自分で、あなた自身のためのという意味でした。 まだこれはギリわかった。←
でも、階くんの曲は、追いかけてくる歌詞がすべて英語なんですよね。
私ほんと英語だめなんです。歌詞カード見ずに一回目聴いたんですが、
Please smile~が、kiss my~て聴こえてですね。わけわかめ状態でした。リスニング力の無さよ。
いかん・・・こんなんではこの素晴らしい曲を理解しきれない・・・!そう思い、全部日本語に訳してから曲を読み取ることにしました。

sing「歌う」
これはわかった!(そりゃな) そのまま最初の歌詞を直すと、
歌う その孤独に 歌う 届くようにだけど、英語の文法的には、
その孤独に歌う 届くように歌う と、訳すほうがいいみたいです。たしかにこっちのが自然。

please smile for you「あんたのために笑って」
階くん口調にした方が臨場感があっていい!と思い、あなたはあんたで訳しました。

please smile for me「俺のために笑って」
ロイドだからもあるけど、マスターが喜んでくれると嬉しいですもんね。
please smile for yourself「あんた自身のために笑って」
Don’t cry any more「もう泣くなよ」
最後、繰り返して歌うところです。
この部分、マスターのため感が強くて強くて・・・泣
日本語だけでもマスターのため感あるんだけど、英語加わると大変なことになっちゃう、あと私の涙腺も大変。

アルバムがいい演出してる


まず、このアルバム見る前の「いい顔するようになった」のペチ音もほっぺ触ったんですよね、わかります。←


「2列目のこれ?」でこっち見たり、「あんただから」でこっち見たり、ダミヘ様様だ。
動悸がやばいし、リアルだし、とにかくいい・・・

アルバムを一緒に見るというのも、これまたマイナーだと思いましたが、階くんがマスターのために立ち去る決意をさせる出来事のチョイスとしては最適だなぁと思いました。

「人には時間が流れる。その流れのなかに俺はいないだろ。」
ああ…なるほど彼はそう捉えるのかと思いました。
最後の別れのシーンももちろん泣けます。
でも私は、ここの階くんの語りからマスターを突き放したあとの語りまでも同じくらい泣ける。
自分の気持ちを隠して、わざと辛く嫌われる態度をとる。「嫌い」とまで言いたくないのに言う。
そこまでしてマスターの未来を守りたいのかと…!大事に思ってくれているのかと…!めちゃ男らしくてかっこいいけど、せつなすぎるわぁって涙がでます。

まぁ、その後の「…て、こっちは思ってんのに」という階くんのノリツッコミのような台詞につい笑っちゃうんですけどね(笑)



歌う前の会話が深イイ


半日くらい顔も見れてなかった分、最後の会話は抱きしめながら出来ていたのよかったです。
「良かったね二人とも・・・!」って、まるでおかんのように聴いてた私です。

「何度聞かれても本当の想いは教えない。」と心の中で言っていた階くんに、気持ちを言わせたマスターすごいなぁと思いました。
これ、「本当のこと教えてよ」とか、階くんにまた問い詰めてたら、本当の気持ち教えてくれなかったと思う。
階くんも言っていたけれど、マスターが自分の気持ちや、伝えたかったことを全て聞かせてくれたから、階くんに響いたんですよね。
気持ちや思いを伝える大切さをあの時マスターに教えてもらったから階くんも伝えることが出来た。
何事もまずは自分から!ってことですね。実に深イイ。このCDすごい。勉強になる。

あと、これは私の無理矢理な考察ですが…アルバムがここでもいい仕事してるんじゃないかと思いました。
あの時、アルバムを見て階くんはマイナスに『人には時間が流れる』と捉えたけれど、ポジティブに捉えればアルバムって『その時その時の大切な思いや気持ちを残せるもの』なんですよね、本来。

大切なものは残しておきたい。
後からこの写真を見るであろう自分にもこの記憶を伝えたい。
懐かしいなぁと思うけど、だからってそれが今の自分の邪魔をするかと言ったらそんなことは決してないんですよね。むしろ前向きな気持ちになれる。
その事に階くんも気付いたんじゃないだろうかと思いました。
「マスターのために気持ちを伝えてはいけないと思っていた。けれど、そうじゃない。自分の気持ちを伝える方が今のマスターのためにも、未来のマスターのためにもなるんだ。」
そう思い直したのではないかなぁと勝手に妄想してます。

階くんが動かなくなった時のマスター


階くん、なぜエラーサインが出ているのかも、この歌を唄ったら全機能停止してしまう事も、マスターには言ってないんですよね。そうゆうのは心の声と猫にだけ言っていました。
階くんの心の声や、猫との会話シーンがだいたい各トラックの最後あたりだったので、試しにマスターになりきってその部分を飛ばして聴いてみたんです。

・・・まったく把握できへんかった。

なんでいきなり態度が変わってそんな事言うのか、キーホルダー返してくるのか。
レンカロイド社に帰る前に「さよなら」の前に、告白の歌聴かせてくれて、ああ彼も私と同じ気持ちだったんだなって分かって、失恋には違いないけど嬉しい。笑顔でさよならしないとって思えたのに、最後に一言発したら彼が動かなくなってしまった。


ぃゃ、こんなん、辛すぎるだろぉ・・・!!
マスター何も知らんから、絶対状況把握できてないでこれ…
揺すっても呼んでも叩いても起きない階くんを見て、嬉し涙が悲し涙に変わって泣きじゃくってるんじゃないかな・・・ぁぁぁ、マスタ~~涙

とまぁ、これは私が思うマスターの様子なので、もしかすると本当の彼女はわかっていたかもしれないですけどね。
俺の全部をあげる」とも言ってましたし、階くんの言葉の重みや、覚悟を決めた様子、歌詞の強さを感じとって、泣きながら必死に聴いていたのかもしれないです。

聴き手である私は4作品目だし、この結末は予想してるから感動で泣けます、階くんに感情移入しやすいからです。
でも、もしも私がマスターなら絶対気付けなかったと思うし、そしてかなり辛いと思う。
マスターに話しかける心の声と猫との会話の重要さに気付けました。
きっと階くんが動かなくなったあと「あいつのこと頼むな」とお願いされたあの猫が、マスターを慰めるように励ますように寄り添ってきてたと思います。泣けるわ・・・

最後の一言について


「伝わった?あんたなんか大嫌いだって」

この台詞、マスターに倒れこんだか、もしくはマスターを抱きしめながら言ってたと思うんですが、どうでしょう?(聞くな)
左耳のかなり近くで聞えたからたぶんそうだと思うんだけどな。

この台詞は実に階くんらしい。本当は好きなのにこういう言い方しちゃうんだよねって、涙腺にきます。

ただこの素敵な台詞、何回かCDを聴いているうちに、もしや・・・と思ったことがありまして・・・
これ多分…というか、絶対そうだと思うんやけど、 夕日を見た帰り道に彼が言っていた「自分は想っていることの逆を言ってしまう、それ覚えといて」にリンクさせてあるんじゃないかな?「それ覚えといて」がどうもひっかかる、念押しまでするのかと・・・

それに、今までマスターの未来を守る為に何度か「嫌い」と言っていました。でもこの時は本当に最後だし、もう隠すことをやめたのに「大嫌い」と、わざわざ大までつけてる。好きとか愛してるは言えないにしても、「ありがとう」とかでもいいはずなのに。

つまりは、あの時の階くんの言葉を覚えているマスターだけにはドストレートに告白出来てるんですよね。

「伝わった?あんたなんか大好きだって」と階くんは言っていたことになる。

大好きって気持ちを込めて、あえて「大嫌い」と言ったのに変わりはないんだから、この考察はかなり無理やり感があります;勝手な解釈にすぎない。
でもあの帰り道のシーンがたまらなく好きな私にとっては、あの台詞は意味があるようにしか思えないんです。
ツンデレの彼じゃないとこの方法は使えない。ツンデレのなせる技おそるべしだし、ほんとありがとう。

でもきっとマスターは、この「大嫌い」の意味にすぐ気付けなかったんじゃないかと思います。さっき書いた通り、私の中のマスターはひどく落ち込んでいると思うので、それどころではない。
後に思い返して、ああ、あの時ほんとうは「大好き」と伝えてくれてたんだと気付いて一人泣いてると思う。
切ないけどほんと綺麗なお話だと思います。

最後に



でも、律くんの記事でも書いた通り、階くんもね!私の予想では無事に復旧してマスターのもとへ帰ってくる予定なのでね!そんな未来を信じてます。

いやしかし、恋歌ロイドの感想書こう!と思い出したのが5月後半だから…何もう2ヶ月以上も経ってるのか?なんてこった、パンナコッタだわ。鈍足すぎだろ、自分。

今回もですがこれまでも、出来る限り、想いの限りで記事を書いています。ですが、まぁ~まとまりのない内容。自分で読み返してて恥ずかしくなる。こんなに時間かけてのこれ?というのがまた辛い。
いやまぁ、確かに熱意は一応感じられるけど、それだけで押し通してるなぁと(笑)

奏多を書き終えた辺りで、
シリーズものだし全部この調子で書くの時間かかるよな…辞めようかな、さらっと書くだけにしようかな…と実は思っていたんです。

そんなとき、初めて反応を頂けたんです。
「共感できる」と嬉しい言葉まで下さって、とても嬉しかったです。いや嘘、今でも嬉しいです。

こんな読みにくくても目を通してくださるんだ、熱意がちゃんと伝わるのか、共感してもらえてる…
単純かもですが、お陰様でめちゃめちゃやる気が出ました。 恋歌ロイドの話が出来るのも、とても貴重で嬉しく思っています。SNSにも感謝です。

改めて、いつも読んでくださり本当にありがとうございます!

次回で(ひとまず)最後かと思うと少し寂しくもありますが、また時間をたっぷりかけて(笑)、書きたいと思いますので、気が向いたときにでも覗いて頂けると嬉しいです!それではまた!

最後の最後に、1つだけツッコミを。

マスター半日ほど部屋に立てこもってたけど、
トイレどうしてたん!?(真剣)
私は無理、我慢できやん。

謡の感想がんばって書くぞー!